あれ?と思ったら頭皮チェックで早めの対策をとりましょう。

髪も頭皮も呼吸をしている

薄毛や抜け毛になってしまう原因にはさまざまなものがありますが、
ストレスやホルモンバランスの崩れといった内的要因の他にも、
頭皮や毛髪が、栄養不足や呼吸困難な状態に陥ることで始まる薄毛や抜け毛もあります。
では、どういった時に、栄養が不足してしまったり、
呼吸困難になってしまうのでしょうか。

人は、口や鼻からだけでなく、肌の表面でも呼吸をしています。
頭皮も、他の皮膚と同じように呼吸をしていますし、
毛髪の根元にある毛根も酸素を必要としています。
つまり、毛髪の成長には、体内からの栄養の補給と酸素が必要なのです。
血流を介して運ばれた栄養は、新陳代謝が行われる時に消費されます。
この新陳代謝がスムーズに行われないと、新しい毛髪が生えないばかりか、
今現在生えている毛髪も痩せて行き、やがて薄毛や抜け毛になってしまうのです。

頭皮が上手く呼吸することが出来なくなる原因のひとつに、
スプレーやワックスといったスタイリング剤があります。
スタイリング剤を使うことで、頭皮や髪に汚れが付きやすくなるだけでなく、
シャンプーをしても汚れが落ちづらくなるのです。
頭皮から剥がれた古い角質や酸化した皮脂がスタイリング剤の残りに付着すると、
毛髪の根元を塞いでしまったり毛根の呼吸を妨げるため、
毛髪が痩せ細り薄毛や抜け毛になってしまうのです。

ですから、スタイリング剤を使った時は、専用のシャンプーを使うなどして、
丁寧にそれらを落としてあげることが大切です。
その上で、薄毛対策用のサプリメントや育毛剤を活用して、
新しい元気な毛髪が生えてくるよう促してあげることも大切です。
薄毛対策は、原因を取り除いから始めなければ、
その効果は期待できないので気をつけてあげましょう。